ニキビを防ぐ為には生活を見直す事が大切

ニキビは様々な肌トラブルの中でも、多くの人が抱えている悩みでもあります。ニキビができてしまう原因は色々あります。

思春期にオデコ中心にできるニキビは、主に過剰な皮脂の分泌によるものが原因です。

過剰な皮脂が毛穴を塞ぎ、炎症を起こします。
これが更に悪化すると、毛穴の中に膿が溜まり、赤く腫れて、痛みも伴います。


20代に差し掛かると、次第に皮脂の分泌は安定してきます。



そしてこの時期にできるニキビは、ストレスや睡眠不足、偏った食生活など、多くの原因が考えられます。




これらの原因は、ホルモンバランスの乱れに繋がります。

ホルモンバランスが乱れると、体内の代謝も悪くなり、お肌にも影響を及ぼしてしまいます。お肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が表面に溜まり、肌触りも固く、ゴワゴワとした状態になるのです。



そしてそれは炎症ができやすい状態でもありります。




また、代謝が悪くなっている事で、一度お肌に炎症が起きてしまうと、治りにくいのも特徴です。

いずれの肌トラブルも、無理に潰すと色素沈着する可能性があります。

ニキビ跡としてお肌に残ると、それを消すのは容易ではありません。


正しいスキンケアを心掛け、適切な処置をする事が改善の為に一番大切です。



生活スタイルをまず見直し、お肌を清潔に保つ事で、お肌は徐々に回復していきます。

体内の代謝が活発になると、お肌も健やかな状態が保たれます。

そうすると、肌トラブルの起きずらいみずみずしいお肌になれます。